スポンサーリンク

2016年7月17日日曜日

海外在住者がGoogleアドセンスを申し込むときの注意ーブログアフィリエイトのコツ

海外からブログアフィリエイトを行うときに、Googleアドセンスはぜひ利用したいサービスです。登録は無料ですが、ブログに審査が必要です。

Googleアドセンスへの申請方法は、他の方がたくさん書いていますので、ここでは書きません。ただし、海外在住者の場合、申請時に注意しておきたいことがあります。


スポンサーリンク




海外在住者がGoogleアドセンスに申し込むときの注意


それは、申請するときの現住所です。

Googleアドセンスは、申請して審査に通ると、広告を掲載できます。ブログアフィリエイトを始めたばかりのころは、おそらくそれほどアクセスが集まらないと思うので、すぐには収益が上がりません。

しかし、いったんアクセスが集まるようになると、徐々にアドセンス収益も増えていきます。

アドセンス収益が、ある一定の金額を超えると、Googleから報酬振り込み口座登録の案内が来ます。

それに従って口座登録し、確認されると報酬が振り込まれるようになります。

住所確認と銀行口座確認


ただし、このとき口座登録の前に、住所の確認が行われます。これは、Googleから登録した住所へ、パスワードが入った封書が届き、そのパスワードを確認して自分のアドセンスアカウントに入力するという方法で行われます。

つまり、アドセンスアカウントに登録する住所は、自分が実際に住んでいる住所が望ましいのです。

しかしながら、このとき確認された住所によって、支払い通貨が決まります。つまり、アメリカの住所で申請したらアメリカドルで、中国で申請したら中国元で報酬が支払われることになるのです。

ですから、登録住所は自分の持っている銀行口座の通貨の国のものにしておく必要があります。


住所(国)を変更することも可能だが


一度登録してしまった住所の国を変更する場合は、また一からやり直しとなります。つまり、住所変更→住所の確認(パスワード受け取りと入力)→銀行口座の確認という手順を再度踏まなくてはいけません。

ちなみに、この住所変更(国変更)の際に、再度サイトの審査が行われます。私の場合、なぜかこの変更時にサイトの審査が通らず、別のブログで再審査しなくてはならなくなりました。


自分の銀行口座に合わせて住所登録を


たとえば、現在タイに住んでいて、ブログアフィリエイトを開始した人がタイの住所でアドセンスアカウントを申請したとします。当然収益はタイバーツで計算され、支払いもタイバーツで行われます。

ところが、タイバーツ建ての銀行口座を持っていなかった場合、新たに銀行口座を作らなくてはいけません。日本円で日本の銀行に振り込んでもらいたい場合は、住所変更(国変更)を申請し、住所確認をする必要があります。

もちろん、変更する日本の住所には誰かが住んでいて、パスワードを伝えてくれる人がいなくてはなりません。

住所変更の手続きは、それだけで無駄に時間を費やしてしまいます。私のような失敗をしないためにも、あらかじめ自分がどの通貨で報酬を受取りたいか考えてから登録することをおすすめします。


スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿